ブランディング&
インテリアデザイン
 
お問い合わせ  
   NEWS      会社案内 (PDF)     PARADYM™   EN

 
 

WHAT'S UP AT LIFT

 
セブパシフィック航空、新A330neoの機内デザイン
 
 
 
 

2021/12

マニラを拠点とするセブパシフィック航空は、LIFT Aero Designが手掛けるキャビンデザインを採用した最新エアバスA330neoを発表しました。

「このプロジェクトの最大の目的は、セブパシフィック航空のブランドDNAをキャビンに吹き込むことでした。私たちは、若くてダイナミックな会社を反映する環境に、セブパシフィック航空独特の黄色と青の色調を置き換えて表現することに集中しました」と、LIFTのバロン・ダニエル代表は述べています。

第一印象がたいへん重要であるため、メインの搭乗ドアの天井照明パネルには、フレッシュで心地よいティールブルーの色合いが採用されています。

シートは「100%セブパシフィック航空」というメッセージを伝えるために作られた、スポーティな外観が特徴です。青みがかったグレーのレザーが落ち着いた雰囲気を醸し出し、カーボンファイバーの質感が触り心地を高めて、優れた快適さを演出します。プレミアムシートとスタンダードシートのそれぞれに、なめらかな色のアクセントにマッチする、セブパシフィック航空のシグネチャである黄色と青のステッチが施されています。

キャビンの前壁と後壁には、鮮やかなブルーオンブルーのマンゴー模様が描かれ、セブ名産のおいしいフルーツに敬意を表しています。白の浮き上がったセブパシフィック航空のロゴは、360度ブランド仕様の環境としてキャビン全体の一体感を演出しています。

同じマンゴー模様が、化粧室の内壁の一面に黄色い2種類のトーンで描かれています。 「慎重に考え抜かれた単色を使って、私たちは、清潔かつプロフェッショナルな外観を維持しながら、大胆な表現をためらわない化粧室環境という目標を達成しました。」

「LIFT Aero Designとともに、お客様の快適さとこれまでの経験を念頭に置いてデザインされたセブパシフィック航空の新しいキャビンインテリアには、私たちがセブの会社であるとともに、その飛行先であるフィリピンの島々を代表するという私たちの誇りが反映されています。LIFTは、プログラムの立ち上げから最初の機材納入にいたるまで、本当に優れたサポートを提供し、当社のブランドイメージをキャビンに取り入れることにおいて、素晴らしい仕事をしてくれました」と、セブパシフィック航空のマーケティング兼カスタマーエクスペリエンス担当副社長のカンディス・イオグ氏は話しています。
 
セブパシフィック航空のA330neoは、乗客1人あたりの二酸化炭素排出量が最も少なく、同社がアジアで最も環境に配慮した航空会社となる道を開きます。また、2027年までにすべての便をネオ機材によって運航すべく、順調にその歩みを進めています。

「LIFTのシンガポールオフィスにいるアーロン・ヨンと私は、ブランドと製品に対する明確なビジョンを持ち、プロフェッションできっちりと焦点を絞ったセブパシフィック航空のチームと一緒に仕事をすることができたことに心から感謝しています」とバロン代表は話しています。

 

 
         
 

多国籍料理を提供するデリバリー専用キッチンの新ブランド「Planet Foody」。ネーミングおよびブランドデザイン、by LIFT

 

2021/10

LIFT Aero Designはデリバリー専用キッチンの新ブランド「Planet Foody」のネーミングおよびブランドデザインを手がけました。

デリバリー専用キッチンというのは、セントラルキッチンで調理した多彩なフードブランドによる料理を提供します。フレッシュで美味しい食品の配送をサステナブルかつ便利に頼めるサービスへの需要が高まっていることで、「Planet Foody」が誕生しました。

ブランド名について
「Planet Foody」のDNAとは、美食家が最も大切にしていること、つまり信用、信頼、オリジナリティー、そしてイノベーションです」と、LIFTでマネージングディレクターを務めるバロン・ダニエル氏は言います。「同社は、サステナブルな事業運営を行ったり、全ての食品で天然の添加物不使用の食材を使用したりと、地球や顧客の健康へのコミットメントを大切にしています。その姿勢を象徴できるような名前を考案しました」

デザインについて
ツートーンの緑のカラースキームを採用したのは、このブランドの商品が健康的でフレッシュで環境に配慮したものであることを強調するためです。マップアプリのピンのデザインをアレンジして、大きなおぼろげなPの字の中にFの字を入れる構図にしました。「このクリーンなデザインは一瞬でそれとわかるものなので、「Planet Foody」がこの新たなブランドをアジアのその他の地域や世界各地に進出させた際にも受けが良いはずです」と、バロン氏は語っています。

 
         
 
PARADYM™ワールドカラーズ
 
 
 
 

2021/5

旅する時の発見の楽しさ。その気持ちを込めて、世界のお気に入り都市にインスパイヤーされたシートスタイリング、PARADYM™ワールドカラーズというコレクションを発表します。2021年春から夏にかけて発表予定で、最初の目的地はTYO。

東京はLIFTの創業代表、バロン・ダニエルの第二の故郷です。「私は長年東京に住んでおり、世界中の都市の中でも私のお気に入りです。広大で、常に変化し続ける東京は、バラエティに富み、大都市と村落が共存し、都会的な発展の中で荘厳なディティールと出会える場所です。未来と伝統、迅速と緩慢、騒音と平穏が独特のあり方で融合しています。弊社のシートスタイルは、このダイナミックな都市の変化に富む深みのある質感を言祝ぐものです」。

ヘッドレストのレザーカバーには、東京の街路図の一部をランダムに組み合わせてプリントしています。これは東京の街を探索したときに果てることなく新たな発見が訪れることを象徴しています。座席の生地やプラスチックは部位によって質感がいくつかに異なり、これはこの都市の物理的な環境、食文化、ファッションその他を特徴づける多種多様な層を比喩的に表現したものです。

 
         
 
未来の飛行機のキャビン、 PARADYM™
 
 
詳しくはこちらへ
 

2021/4

近未来の飛行機はこうなる! LIFT Aero Designが提案する次世代飛行機の新シートデザイン、PARADYM

旅は心のビタミン。私たちの人生をあらゆる面で豊かにしてくれます。だからこそ航空会社や旅行産業にとって、現在のグローバルパンデミックは、限界に挑み続け、現状を打破することを求める呼びかけです。

弊社が開発した未来の飛行機用のシートコンセプト、PARADYM(パラダイム)、を発表いたします。PARADYMは「長距離の飛行機はどう進化していくべきか」という疑問に答えるキャビンレイアウト、工業デザインとスタイリングです。

より素敵な環境で、より快適な旅を。

航空会社にとっては商品の柔軟性を高め、利潤の最大化を目指すとともに、乗客にとっては快適さの基準を高めることになる提案です。 

PARADYMは「ワイド・トリプル」です。これは 3 席 x 3 席のレイアウトで、シート幅が通常の43〜45cmではなく51cmになるため、「10時間フライトには窮屈過ぎる」から「中央の席でも快適」に変えてしまいます。

• 乗客間のひじ掛けの数も通常の1本ではなく2本になり、個人用空間のコントロールが良好に。

• フルラップヘッドレストが頭部をしっかり包み、プライバシーも向上。 

• 座席底部のクッション先端部分を持ち上げると、3席で今までにない長さ175cmの快適ベッドに。

• クラスがパーティションやカーテンで区切られるのではなく、機内のどの列でも「エコノミー」、「プレミアムエコノミー」、あるいは全く新しいカテゴリーの「プレミアムエコノミーフラット」、として販売できるようになります。 

PARADYMは航空機の経済性向上の波に乗り、幅広シングルアイル機体を念頭に、快適で柔軟性に富む座席配置を通じて、航空会社がコスト削減とともに収益機会の最大化を図るお手伝いをします。

 

詳しくはこちらへ

 
         
 

空の旅に向けて「I PROTECT YOU; YOU PROTECT ME(私はあなたを、あなたは私を守る)」マークをデザイン

ダウンロードはこちら:

AI データ

PDF データ

 

2020/5

LIFT Aero Designは、空の旅に向けて一連のグラフィックを作成し、マスク着用が相互的効果をもたらすことを伝えています。このデザインのメッセージが役に立って、安心してまた空の旅ができるようになることを願っています。 

「I protect you; you protect me(私はあなたを、あなたは私を守る)」マークは抽象的な形のマスクと飛行機のイラストまたは飛行機のイラスト入りの文章を組み合わせたもので、マスク着用が相互的効果をもたらすことが一目で伝わります。

LIFTのマネージングディレクター、ダニエル・バロンは「当社は様々な国のマスクに関する意識向上キャンペーンに触発され、航空業界のメッセージ発信のお手伝いをしたいと考えました」と語っています。

デザインパートナーのアーロン・ヨンも「私たちは、周囲に配慮した思いやりのある旅のマナーを定着させ、さらに、不安が高まっているこの時期に旅行者に空の旅の喜びを思い出してもらうために、これらの分かりやすく親しみやすいグラフィックをデザインしました」と言っています。

各素材は全ての航空会社、航空関連サプライヤーに無料で提供されています。

 
         
  新ブランド名:LIFT Aero Design  

2020/2

当社はLIFT Strategic DesignからLIFT Aero Designにブランド名を変更いたしました。登録社名は合同会社LIFT Strategic Designのままとし、オフィスは東京及びシンガポールに置きます。

 
         
 

セブパシフィック航空、新機種の機内デザイン

 

2020/1

LIFT Aero Designはマニラに本社を置くセブパシフィック航空が新たに導入したA330neoの機内デザインパートナーに選ばれました。LIFTのダニエル・バロンは「ダイナミズム溢れるセブパシフィック航空は、お客様の機内での体験の刷新に乗り出します。これにあたり、同社の新しいパートナーたちと共に仕事ができることは当社にとって大きな喜びです。当社を信頼して下さったことに感謝し、これから一緒に機内デザインの詳細を詰めていくのを楽しみにしています」と語っています。

 
         
 

STYLISH FLYING:セーシェル航空の新機種の機内デザイン、by LIFT

 

 

2019/8

セーシェル航空は、LIFT Aero Designが機内デザインを手がけた新機種A320neoを公開しました。セーシェル航空はA320neoを就航させるアフリカ初の航空会社です。

LIFTのマネージングディレクター、ダニエル・バロンは「機内デザインに取り組む私たちにインスピレーションをくれたのは、セイシェルの自然の息を吞むような美しさ、そしてセイシェル航空とそのホスピタリティを誇りに思うセイシェルの人々の気持ちでした。セイシェルの人々は新機種の客室がそのプライドを伝えるものであってほしいと強く望んでいます」と語っています。

「私たちが目指したのは、他社とは全く違う、これぞセイシェル航空というような本当のカスタムメイドの客室です。セイシェル航空のフライトは主として国外からの旅行者向けのものですから、機内をマーケティングツールとして活用できるものにすることが非常に重要です。従って機内の雰囲気を良いものにするだけではなくSNS映えするデザインの実現にも大いに気を配りました」

 
 
 

「月刊エアライン」でLIFTが取り上げられました

 

2019/7

日本の老舗雑誌「エアライン」が機内や座席のデザインを特集した2019年9月号で当社を取り上げて下さいました。感謝しております。4ページにわたる記事では飛行機キャビンの変遷が説明されていますが、そこで当社のデザインのいくつかが例として使われています。この分野に当社が傾けてきた情熱を共有する機会を作って下さったことに感謝いたします。

 
 
 

新ブランドデザイン:TRAICY

 

 

2019/7

当社は、旅行分野のトピックを広くカバーする日本の有力旅情報ポータルサイトTRAICYのブランドデザイン変更を担当いたしました。新デザインのTRAICYをお見せできることを嬉しく思います。TRAICYは創業10周年を迎えるにあたってブランドデザイン刷新を当社にご依頼下さいました。新しいマークは、ディスカバリーへの情熱を表す先端的でダイナミックなウィングレットです。当社をデザインパートナーに選んで下さったTRAICYに謝意を表し、今後も長きにわたり成功を重ねていかれるようお祈り申し上げます。

 
 
 

WOW FACTOR:フィリピン航空A350及び A321neo、機内とムードライティングのデザイン

 

 

2018/7

マニラに本社を置くフィリピン航空に、発注した6機のA350-900の最初の1機が届きました。同機は、ニューヨーク、ロンドンなどとマニラをノンストップで結ぶ長距離フライトに用いられる予定です。東京を本拠とするLIFT Aero Designは、フィリピン航空(PAL)のこの新長距離便の機内デザインを手がけました。

PALはフィリピン第一の航空会社として、どのクラスでもお客様にクオリティの高いフライトを提供してきました。そのことが伝わるようA350のCMF(色彩、素材、仕上げ)は細部までとことんこだわってデザインしました。くっきりと異なる色、柄、素材が配されたデザインは、過去から受け継いだ伝統と未来の融合を表しています。LIFTのバロンは「フィリピンを訪れる人にも帰国するフィリピン人にも、フィリピンという国とその文化が一目で伝わるようなデザインにすることをまず考えました。全ての客室のあらゆる部分が先進的で一流の感覚を感じさせてくれるものになっています」と述べています。

ムードライティングが実現した世界初のシーン
LIFTはPALオリジナルのユニークな照明シーンを実現しました。これによりPALと他の航空会社との完全な差別化が図られています。「私たちは、フィリピン文化のユニークな特色とフィリピン伝統の温かいホスピタリティをこの照明で伝えようとしました」とバロンは言っています。

 
 
 

ベトナムで最も新しい航空会社のブランド、機体デザインと機内のデザイン、by LIFT

 

 

2018/4

ハノイに本社を置くFLCグループは、グループの新しい航空会社バンブー・エアウェイズのブランドデザインを発表しました。LIFT Aero Designは世界規模のコンペを勝ち抜きこの航空会社のロゴ、機体デザイン 機内などのブランドデザインを手がけました。

LIFTのCEOダニエル・バロンは「急速な発展を遂げるベトナムのマーケットにおいてバンブー・エアウェイズと共にこのユニークなプログラムを手がけることができ、嬉しく思います。パワフルで、長期的なブランドを作り上げるにあたって、バンブー・エアウェイズが当社を信頼して下さったことに感謝いたします」と述べました。

マーク
活き活きとした若々しいグリーンで爽やかな「竹林」を表現し、そこに2つの色調のブルーで描かれた竹の葉を配しています。全体で見ると、すっきりした飛行機の尾翼の形になっています。伸びる竹は強さ、万能性、美しさ、落ち着きを象徴する存在ですが、これはベトナムの人々の気質そのものです。マークはベトナムの自然の美しさを近代的、都会的タッチで称えるデザインになっています。

ロゴ
ベトナムでは竹は強さと保護のシンボルです。私たちがデザインした大胆なロゴでは、Mの字が抽象的に描かれた竹の葉を守る屋根の形になっています。バンブー・エアウェイズの親会社は、すでにベトナム全土にその名が知られた大企業FLCグループです。ロゴ全体はこの親会社がもたらしてくれる安定性、信頼性、品質を表すものとなっています。

機体前部扉はグリーンに
ベトナム人はホスピタリティに溢れた魅力的な人々です。私たちは前部入り口の扉でこのようなベトナムの人々の美点を世界に伝えたいと考えました。グリーンの扉はシンプルかつパワフルに「私たちの国にようこそ」と語りかけています。

 
 
 

REACHING HIGHER: フィリピン航空、A330-300機内デザイン

 

 

2017/6

フィリピン航空が完全再設計・改装を施したA330-300をお披露目しました。LIFT Aero Designはその客室デザインを手がけました。

LIFT Aero DesignのCEOダニエル・バロンは言っています。「フィリピンはアジアで最もダイナミックな国の一つですが、PALはそのフィリピンから、フィリピンへ、そしてフィリピン国内を飛ぶ航空会社のトップでありたいという強い気持ちをもっています。当社のデザインは、何よりもまずこのようなPALの姿勢を反映するものとなっています。私たちはフィリピンの布の素晴らしい美しさと多様性への称賛の気持ちをデザインで表現したいと考え、国中の男女が着る伝統的なシャツ、バロンの幾何学模様を取り入れることにしました。客室前部と後部の壁のカバーリングはまるで技と愛情を込めて織られた衣装のように温かく優雅に客室を包み込んでいます」

 
 
 

世界最大のうどん? 香港エクスプレスと日本の香川県に向けて特別塗装機のデザイン

 

 

2017/1

香港エクスプレスと香川県はLIFT Aero Designが特別塗装機デザインを発表しました。機体左側面には香川名物「讃岐うどん」とそれをはさむ大きな漆塗のお箸が描かれています。日本人皆が知っている讃岐うどんは日本人の大好物で皆この麺をつるつるとすすっています。機体右側面には高松市の栗林公園と園内最大の橋、偃月(三日月)橋とそれを囲む伝統的な松の木が描かれています。お箸の水玉模様と橋に使われている塗料には金属粒子が含まれていて陽が当たるとキラキラと輝きます。

 
 
 

お問い合わせ

 

info@lift.aero

 
    東京  
      +090 5408 2209  
         
      LIFT Aero Design is the brand name of LIFT Strategic Design LLC.  
 
© LIFT STRATEGIC DESIGN 2009-2022, ALL RIGHTS RESERVED